ワックスがけの常識3

■ワックスがけの常識3

ワックスがけだけではありませんが、アイロン、ブラシ類、クスレイパーなどはトップからテール方向に動かしてください。
間違っても逆(テールからトップ)はしないでください。
ささくれ立っているので、動かしている方向(トップからテール)は引っかかりませんが、逆方向だと引っかかります。
引っかかるといっても、滑りが止まる事はないのです。(止まったら、リペアをしなければいけないくらいの傷になっています)
板はトップからテールに動いていますので...。
しかし、ジブトリ系の人たちは、どちらも同じくらい滑るので関係ありませんが、あくまでも一般ボーダーを対象にしています。
ワックスがけの方向
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。